ワクチン接種義務化問題(その8) 体細胞炎症抑制がオミクロン株感染を防ぐ COVID19エンデミック時代を生き抜く知恵

「Fighting Inflamation細胞炎症の抑制
COVID19エンデミック(endemic)時代を生き抜く健康長寿の鍵は
万病の元となる細胞炎症をいかに防ぐかです。(ハーバード大医学部)
 
まん延防止等重点措置が全国の主要都市県に適用
緊急事態宣言とは差異があいまいですが、まん延防止等重点措置が
主要都市、県に適用されました。
その根拠はオミクロン株感染者数の急増。
直近5日間の検査では陽性が毎日5万人/全国、を超えています。
 
ワクチンに効果がない現状では、エッセンシャルな仕事を
している方々が感染すると都市行政が混乱しますから、先進国の例を挙げての
適用のようです。

米独仏など欧米政府の法改正までしての強圧的政策が、お手本といわれますが、
いずれも、各国の現場では実態にそぐわないことが明らかになりつつあり、
緩和策が進んでいます。
実態とはワクチンを何度接種しても効かないために、防御するのが著しく難しく
なっていることです。
実際にオミクロン株はデルタ株と比べ、抗体逃避能力を持つ遺伝子に変異をしている
スパイクがはるかに多数であり、人流を完璧に止めない限り簡単には
防御できないほどの感染力だそうです。

しかしながら、感染力と重症化性は連動しません。
感染しても健康な人は無症状が多く、重い基礎疾患を持つ人でも、
重篤な症状になることが少ないことから、欧米有識国民間では麻疹の蔓延程度と理解しての
安心感が広まっています。

エンデミック(endemic)到来近し?日本は独自医療行政の確立を
オミクロン株のウィルスが*ヒト細胞に入りこむ経路は、主として*TMPRSS2酵素を
利用するデルタ株などとは異なることが判明しており、血統が劇症肺炎のSARS-CoV-2とはいえ
ウィルスが肺細胞に入り込むことは稀。気管支までがほとんどです。
性格が大きく異なりますから、サーズが親と呼べるかどうか?ともいえるほどです。

欧米の研究者や有識者が、世界各地の集団免疫獲得や主役ウィルスの弱毒化変異を察知し、
「すでに風土病的アウトブレイクのエンデミック(endemic)状態に向かいつつあるだろう」と
各種データを示しています。

日本が今後もアジアをターゲットとした(?)といわれるインド株(デルタ株)や
カリフォルニア株の免疫逃避ウィルス「L452R」の流行時と同じ政策を続けて
良いのかは疑問です。

欧米とは遠く離れた小さな島国に、億人を超える過密人口。
エンデミック(endemic)時代となれば、日本が国の半分を風土病に冒されても
おかしくない国土面積。
地政学見地からの独自の医療行政、公衆衛生政策が必要でしょう。
先進海外諸国をお手本とするには、諸事情が異なりすぎます。

*ウィルスのヒト細胞侵入経路で侵入促進をする酵素
京都大学 iPS細胞研究所(CiRA)が下記酵素を単独、あるいは組み合わせで
各種SARS-CoV-2の発現抑制や阻害の実験をしています。
ウィルス量低下は20.6%から、最小では0.0078%までと報告しています。
TMPRSS2(たんぱく質分解酵素)インド株(デルタ株)などの経路
酵素はⅡ型膜貫通型セリンプロテアーゼ(transmembrane protease, serine 2)の一種。
SARS-CoV-2のS蛋白質を切断することで宿主(ヒト)細胞への侵入を促進する。
TMPRSS2は肺細胞に多いといわれる酵素
カテプシンB、カテプシンL(たんぱく質分解酵素)オミクロン株の経路
カテプシンは細胞内小胞のエンドソームに存在するたんぱく質加水分解酵素(プロテアーゼ)。
エンドソーム経路から侵入したSARS-CoV-2のS蛋白質を切断することで宿主(ヒト)細胞への
侵入を促進します。
カテプシンBは細胞の食作用を利用したオミクロン・ウィルスの侵入を助けます。
 
なぜか?オミクロン株をWHOが「懸念される変異株」に指定
オミクロン株が主流となった都会では、公表される感染者数に
大きな意味は無いというのが、日本の数十倍以上の多大な被災をしている
欧米先進国の考え方ですから、欧米をお手本とする日本政府が神経質になる根拠が
理解できない方が多いでしょう。
オミクロン株自体が、なぜWHOの「懸念される変異株」指定されたのか
理由が定かではありませんから、なおさらです。
「新多重変異株​オミクロンへの対応:
日本人は慌てる必要が無い?しらす・さぶろう(オピニオン)
https://botanical.jp/library_view.php?library_num=751
 
アフリカ南端の小国、ナムビアから初めて報告された
デルタ株の亜型ともいえる多重変異タイプの新変異株(後にオミクロン株)。
オミクロン・ウィルスのコロナ・スパイクに30以上の変異があるからと、
南アで毒性が確認されるより早く、WHOによりデルタ株並みの
「懸念される変異株(Variant of Concern : VOC)」に指定されました。
 その素早い、素早すぎる、決定は、いまだに謎。理解できません。

*「EC議会で暴露されたWHOと製薬会社のスキャンダル
2009年パンデミック(pandemic)の恐怖を煽ったWHO」
https://botanical.ltd/archives/8272/
 
日本人は賢明な対応をしています。
日本人の場合は、これまでも欧米に比べ死者、重症化の可能性が数10分の1と
低いことが実績で立証されていますから、弱毒性が認知されている
オミクロン株に警戒心が薄いのは自然の成り行き。
昨年に較べれば報道統制が緩くなったようで、海外の実態情報入手が
容易になっていますから、WHOやワクチンメーカーの
「オミクロン株を軽視するな」「ワクチン三次接種、4次接種を」の呼びかけも
国民には聞こえないのでしょう。
 
すでに昨今の街のカフェの込み具合をみれば、日本国民が2年間で
独自に感染症対策を学び、世界や我が国の保健機構への対応に反して、
ピークアウト近し、と自己判断をしていることが伺えます。
 
1月21日には尾身会長が、なぜか突然変心した小池知事と異なり、
オミクロン株が95%といわれる首都圏では
「オミクロン株に感染したことに確信を持てる無症状、軽症の方」は
「病院に来る必要が無いのでは」とまで発言。
すでに「検査により発表する感染者数統計」は意味が薄れているとする先進諸国民と
足並みをそろえることになります。
 
ただし日本は「世界にはオミクロン株が席巻している地域ばかりでない
ポーランド、トルコ、ギリシャ、ベトナム(いずれもデルタ株系統)などのような
例外や、見知らぬ地域があるだろう」ことは独自に認識すべきです。

エンデミック(endemic)を予想するのは、もうしばらく(数か月)の様子見が必要でしょう。
海外からの免疫逃避ウィルス「L452R」、同系統の変異株を持つ多重変異株には
警戒を継続すべきです。
 
Harvard Medical School Fighting Inflamation細胞炎症の抑制」
COVID19エンデミック時代を生き抜く知恵

しばらくは警戒を継続すべきL452Rなど免疫逃避型変異ウィルス:escape mutation)
ですが、万が一に感染しても、健康な体ならば、変異株に感染した
細胞を生体内から見つけ出して殺すキラーT細胞(胸腺免疫細胞)が誘導され、
自己免疫といわれる「細胞性免疫」を発現させます.
ただし、肥満体、慢性生活習慣病などで炎症が重度の方はキラーT細胞が
活性化せず、免疫力が機能しません。

現在の日本は一日5万人超の感染者が5日連続で続いていると困惑していますが、
たとえ1か月に100万人の発症者(検査で陽性の無症状、軽症者を除く)となっても
100人の中で一人だけですから、99人の国民はウィルスに負けていません。
ワクチンも、治療薬も究極はヒトの免疫力(T細胞)を活性化する役割です。
常日頃から100人の中の99人になるよう免疫力(T細胞)活性化に努めれば、
ウィルス禍の中で安心して過ごせます。

ハーバード大メディカル・スクール公衆衛生学部が昨年のCOVID19蔓延のタイミングを合わせて、
出版した報告(the Special Health Report)によれば、COVID19対策に重要なのは、
全ての疾病のルーツといわれる細胞炎症の制御。
COVID19エンデミック時代を生き抜く健康長寿の鍵は、万病の元となる細胞炎症をいかに防ぐかです。

タイトルとURLをコピーしました